人を笑わせる会話術

 

≪公式HP≫【木多崇将の人を笑わせる会話術】 詳細はこちらをクリック♪

 

人を笑わせる会話術とは

 

人を笑わせる会話術は木多崇将さんが監修する全290ページのマニュアルで27個の笑いのパターンや人を笑わせるノウハウやテクニックを独自の観点から解説しています。

 

この人を笑わせる会話術のマニュアルは全部で3章にわたって作成されていて、第1章は、マインドセット編となっていて面白い人間になるための心構えを解説しています。

 

続いて、第2章は、27個の笑いのパターンで、ボリュームとノウハウによって笑いのパターンを理解できます。第3章は、面白い話をする方法となっていて日常生活から面白い話を生み出す方法を学べます。

 

一般的に、人を笑わせることは難しいと思っている人は意外と多くいるといわれています。しかし、笑えるような面白いエピソードを、わかりやすく伝えることができれば人を笑わせることは意外と簡単にできます。

 

木多崇将の人を笑わせる会話術では、笑いが起こった時の事実に着目して逆算の考え方を使い27個の笑いのパターンを発見していて話術の中に活用していきます。

 

会話の中で他人を笑わせるテクニックやノウハウが凝縮されているので、職場や日常生活で使える会話術として利用する事ができます。

 

人を笑わせる会話術の特徴について

 

人を笑わせる会話術では、他の会話テクニックやノウハウを解説した書籍や教材と異なる4つの特徴が挙げられます。

 

まず、1つめの特徴として挙げられるのはこちらとなります。

 

 

これは、27個の笑いのパターンを使い話すことによって、今まで人を笑わせた事がない方でも高確率で人を笑わせることが可能となります。

 

もうすでに、このマニュアルには木多崇将さんが独自に作成した27個の笑いのパターンが収録されているので、自分で笑いのパターンを探す必要もなく、そのパターンを覚えて話の中で活用するだけとなります。

 

続いて、2つめの特徴として挙げられるのはこちらとなります。

 

 

こちらは、上記の27個の笑いのパターンとは別に、面白い話をする方法というのを解説していて、芸人のような話術をする方法を詳しく説明している内容となります。

 

例えば、面白さをアップさせる話方やオチについての考えや方や作り方、面白い話の構成の仕方など基礎から丁寧に解説しています。

 

また、この面白い話をする方法で解説されているノウハウを活用することによって、面白い話をいくつも見るける事ができるという特徴があって逆算の考え方から発見した核となるノウハウを習得する事ができます。

 

続いて、3つめの特徴として挙げられるのはこちらとなります。

 

 

これは何かと言うと、人に笑われると人を笑わせるのでは、大きく違ってきます。

 

笑われるでは、どうしても自虐的な笑いとなってしまったり、失敗やミスをして回りから指摘されたりツッコまれたりして笑いを起こします。

 

ただ、笑われるでは芸人の世界ではある意味必要なポジションかもしれませんが、一般人にとってはあまり必要のないポジションだと言えます。

 

その為、木多崇将さんのマニュアルでは、人を笑わせるだけに特化して作成されています。

 

このノウハウはその場しのぎの笑いのテクニックではないので、会話を円滑に進めならが笑いを取りコミュニケーションも図れる会話術となります。

 

続いて、4つめの特徴として挙げられるのはこちらとなります。

 

 

これはどの様な事かというと、下ネタは時と場合によって笑いを取る事ができますが、万人受けしません。

 

当然、使う場所を間違えれば周りの人達に対して深いな思いをさせてしまったり、自分自身の品位を落としてしまう事にもなります。

 

また、下ネタを使って笑いを取っても下品と言われてしまったり、女性の方からは敬遠されてしまう事も多くあります。

 

その為、木多崇将の人を笑わせる会話術では、下ネタ系は極力排除して作成されていて、男女共にマニュアルを活用できる特徴があります。

 

日常シーンに使える豊富なテンプレートを収録している

 

日常生活において会話のバリエーションは色々な場面があって、それぞれ生活する人の環境によって異なってきます。

 

その為、木多崇将の人を笑わせる会話術では、職場や学校をはじめとして、普段の日常生活でも使えるテンプレートを数多く収録されています。

 

しかも、このテンプレートの使い方は簡単で場面に合わせてテンプレートに要素をはめ込むだけ利用する事ができます。

 

例えば、合コンやデートの時に使えるテンプレートとしてイタリア人のように女性を口説く方法を収録していたり、相手と会話をしていて堅苦しい会話になった時の展開を打破する方法なども収録されています。

 

その他にも会話を自分のペースで主導権を握るテクニックや、いじられキャラを卒業するノウハウなども収録されているので、自分の日常生活に合わせてテンプレートを使い活用する事ができます。

 

このテンプレートは、色々なケースを想定して作成されているので、会話テクニックのバリエーションを増やしながら様々な状況を会話によって打破できるノウハウなので覚えておくと良いです。

 

人を笑わせる会話術で紹介されている面白い話をする方法

 

木多崇将が教える人を笑わせる会話術では具体的なシチュエーションに基づいた具体的なノウハウ、テクニックが数多く紹介されています。

 

そのなかで、面白い話をするために知っておきたいコツにもなるほどと思わせるものがあります。

 

そういった面白い話を考えるうえで知っておきたいコツの1つとして挙げられるのは、話のオチをどういう方向に持って行くかを決めておくことです。

 

人を笑わせる会話術においては、オチをつけるための方法論について木多崇将さんオリジナルの観点から色々なテクニックを紹介していて習得する事ができます。

 

大きな笑いを取れなくても絶対にすべることのないオチの持って行き方や、落語家のアイディアにヒントを得た謎解きや合わせなどのテクニック、あるいはオチの効果を盛り上げるための話の構成方法なども解説されています。

 

総合的な視点で面白い話の組み立て方を学ぶ事ができるおすすめのマニュアルです。

 

 

≪公式HP≫【木多崇将の人を笑わせる会話術】 詳細はこちらをクリック♪